喋りすぎる猫

【ミドル編】

【BRAVIA】ソニーの新モデル A95Kシリーズ・X95Kシリーズは、どこが変わった?気になる発売時期とお値段は?【2022年モデル】

6月10日、ついにソニーのBRAVIA 2022年モデルが発表されました。
半導体不足やら何やらの事情で、全体的に例年よりも遅れがちではありますが。
ますますパワーアップしての登場です。


こちらでは、フラッグシップモデル2機種の画質
についてご紹介しております。
型番は、こちら。
有機ELテレビ XRJ-55/65A95K
液晶テレビ XRJ-65/75/85X95K


前モデルのA90Jシリーズ・X95Jシリーズと、どこがどう変わったのか。
詳しく見ていきましょう。


2021年有機ELモデルの情報はこちら!
ashitatenkininaare.com



ソニーが誇る認知特性プロセッサー「XR」は、今回も継続して搭載されています。
それに加えて、A95Kシリーズ(有機EL)はOLEDからQD-OLEDに華麗に変身。
X95Kシリーズ(液晶)には噂のMiniLEDが搭載されます。


QDとは、量子ドットのこと。
量子ドットパネルは、ハイセンスやTCL、シャープの液晶テレビで既に使われていますので、ご存知の方も多いでしょう。
特にシャープは、量子ドット × MiniLED搭載のDP1/DX1シリーズを2021年12月に発売し、「明るいが正義!」の人達から絶賛されてますよね。


この量子ドットとMiniLEDが、BRAVIAの新モデルを語る上で重要なキーワードとなってきますよ。
MiniLEDとは?
量子ドットとは?
ちょいとご説明いたしましょう。


MiniLED
まず、液晶テレビの仕組みをざっくり説明します。
液晶テレビにとって、LEDの電球は大事な発光源。
たくさん配置されていればより明るくなりますし、明暗のコントロールもこのバックライトの駆動にかかっています。
LEDの光は液晶パネルで光量調節され、カラーフィルターを通してRGB(3原色=赤緑青)に変換されます。
このRGBの組み合わせで、すべての色を表現します。
4Kで表示出来るテレビだと、およそ800万画素分のRGBを並べて画(え)を作っているのですよ。
テレビ画面に近づいて、よーく見てみてね。
MiniLEDの電球は、従来のLED電球よりめっちゃ小さくて、なんと100分の1くらいなんだそうです。
MiniLED搭載のテレビには、このめっちゃ小さいLED電球が、画面いっぱいににびっしりと敷き詰められています。


このMiniLEDが、「ほぼ有機」と讃えられたソニーのプレミアム液晶テレビに投入されます。
XRによるリアルな描写が、MiniLEDの活躍によってますます凄いことに!
小さな電球が細やかに駆動することで光の拡散が抑えられ、明るいエリアと黒のエリアがより効果的に描き分けられるようになります。
また、コントラストブースターの強化により、ピーク輝度はX95Jシリーズの1.5倍に。
明から暗へのコントラストが、今まで以上に繊細になりますね。


MiniLED搭載のニューモデル XRJ-65X95K/75X95K/85X95Kの発売日は、も少し先の9月頃の予定。
気になるお値段ですが。
ちょっとお高いですよ。

XRJ-65X95K 参考価格 税込52万円前後
XRJ-75X95K 参考価格 税込79万円前後
XRJ-85X95K 参考価格 税込90万円前後

X95Jシリーズよりも値上がりしてる!
MiniLEDはまだまだコスト高なんでしょうね。
でもその分、ソニーの液晶テレビ史上最強画質ですので。
量販店界隈では、「もうこれ、有機じゃなくてもいいじゃん」という感想も出ております。



量子ドット
量子ドットの説明をするにあたって、液晶テレビについてもうちょい深掘りします。
一般的な液晶テレビは、RGB(3原色/赤緑青)の要素を持つLEDの光源からそれぞれの色の要素を抽出し、カラーフィルターを通すことで発色させています。
不要な色(光)は、液晶パネルのシャッターが遮る仕組み。
結果、光のロスが生じるため、実は全力で発光出来ていなかったのです。
シャッターを緩めると、純粋な3原色が抽出しにくくなってしまいます。
ここで、量子ドットの出番です!
量子ドットの技術は、光を超小さい粒子(量子ドット)として吸収し、再結合させることによって新たな光の粒子を作るというもの。
この光の粒子は、その直径によって色が決まるのだそうです。
ここをコントロールすることで、光のロスを抑えつつ、より純度の高いRGBの抽出が可能に。
従来の液晶テレビよりも現実的で色鮮やかな表現が期待出来ます。


この量子ドットの技術を生かした新型パネルが、ソニーの有機ELモデル(A95Kシリーズ)に使われています。
果たしてその効果とは。
一体どのようなものでしょうか。


有機ELテレビには、LED電球のバックライトは入っておりません。
代わりに有機EL素子(OLED)というものが発光しています。
この光は、従来の有機ELテレビだと白色。
液晶テレビと同じように、カラーフィルターによってRGB(3原色/赤緑青)に変換されます。
液晶よりも細かい単位で調整がされるそうですが、それでも光のロスは避けらないところ。
光のロスは、輝度の低さにも繋がります。


A95Kシリーズは、この光を白色から青色にチェンジ!
青色OLEDを、新型パネルの量子ドット層でR(赤)とG(緑)に変換するのです。


発光源が白の白色OLEDでは、RGB+W(3原色/赤緑青+白)だったのに対して、青色OLEDでは純粋にRGB(3原色/赤緑青)のみになります。
白が混ざらないため、より自然界の色彩に近い発色になるというわけです。


え、じゃ白い色は出せないの?と不安になったあなた。
ご心配なく。
光の3原色は、すべてが混ざると白になるのです。


量子ドット(Quantum Dot) × 有機EL(OLED)で、QD-OLEDと呼ばれています。
ちなみに量子ドット液晶は、QLEDです。
ややこしいー。


さて、認知特性プロセッサー「XR」がQD-OLEDと出会ってしまいました。
前モデルA90Jシリーズに関する記事でも、「リアルさとは何か」についてわたしは長々と書き綴っておりますが。
やっぱり超えてきましたね。A95Kシリーズ!


人間の脳のように映像を認識する「XR」が、ピュアな光の3原色を操って作り出す世界。
A95Kシリーズの色彩輝度は、QD-OLEDパネルを使用することで従来比200%拡大したとのこと。
これを見ることは、すごい体験ですよ。
光あふれる液晶テレビ(X95Kシリーズ)の映像も美しいですが、A95Kシリーズの「実際にその現場を見ているような感覚」はなかなか得られるものではないでしょう。


音響面でも、もちろん引き続きアコースティックサーフェス オーディオプラスの立体音響を楽しむことが出来ます。
ソニーの有機ELモデルは、画音一体を追求したスペシャルなテレビです。
究極の没入感を、どうぞお試しあれ!


A95Kシリーズが量販店の店頭に並ぶのは、もう間もなく。
7月下旬の予定です。
楽しみ!

XRJ-55A95K 参考価格 税込47万前後
XRJ-65A95K 参考価格 税込66万前後

こちらも前モデルより爆上がりしております。
このご時世、正直厳しいですね。
でも、見たらきっと欲しくなる!
お店やメーカーのキャンペーン等を利用して、お得にご購入下さいませ。


その他、ちょこっとメモ

・リモコンのボタンにDisney+が追加。
外付けHDD用の録画ボタンも追加。
・ソニーピクチャーズの映画2年間見放題のBRAVIA COREアプリも継続。
・ハンズフリー音声操作を超えた、BRAVIA CAMなるものが新登場!(A95Kシリーズには付属)



おすすめVOD(ビデオ・オンデマンド)

映画、ドラマ、アニメなど、最新作を含む210,000本以上の作品を配信中!
テレビ・スマホ・パソコン・タブレット、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。


31日間無料トライアルの特典

見放題作品が31日間無料で視聴可能♪

600円分のポイントプレゼント!
最新作の視聴や電子書籍の購入に使えます。

80誌以上の雑誌が読み放題!


※本ページの情報は2022年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。