乙女の雑談【ミドル編】

え、このわたしが、あと◯年で還暦!?

賃貸マンションの猫部屋に、3匹目の保護猫ちゃんが新入居です!【動画あり】

築40年超えの古い物件のせいか、わたしの住んでいる集合住宅はペットOK
ただし、昭和の間取りのため、広々と開放的なLDKなど存在しない。
きっちり6畳、6畳、4畳半、3畳、キッチン(およそ8畳)に分かれています。
元は和室だったと思われますが、現在はクッションフロアが継ぎ接ぎに敷き詰められています。


我が家はそのうちの1室、ベランダに面した6畳間を、猫専用ルームにしました。
外には出られませんが、8階だから眺めも悪くないでしょう。
網戸に出来ますので、自然の風や陽の光も感じられます。
ashitatenkininaare.com


お留守番中にゲージに閉じ込めるのはかわいそうだし、狭い住空間を共有するのはお互いにストレス。
考えた末の、苦肉の策でした。
結果、猫達はのびのび自由。
わたし達人間は、お隣の6畳間をリビング兼寝室にして、窮屈に暮らす。
ということになりました。


さて。
この猫部屋には保護猫が2匹入居中でしたが、つい先日、3匹目を迎えることとなりました。
予定外です。
まったく、そんなつもりはなかったのですよ。


モモちゃんと名付けられたこの子は、わたしが派遣で入っている某家電量販店で保護されました。
雨上がりのある日曜日のこと。
家電量販店ですので、日曜日もお休みではありません。
そのため、駐車場の側溝で鳴いているところを見つけてもらえたのですから、なかなか運を持ってますよね。


わたしが出勤した時には、タオルに包まれて、底の深いダンボールの底でぐったりしていました。
お店は既に開店しているし、集客のある日曜日だし。
皆「どうしよう、どうしよう」といった様子。
テレビ売り場の主任と、フロアマネージャー、副店長という面子が、もう仕事どころではないという状態です。


この時のモモちゃんは、目脂で目が半分開いてないし、鼻もカピカピ。
泥水を飲んだように、口のまわりが黒く汚れていました。
白地に黒のブチ模様なのですが、もはや白ではなくグレー。
ママとはぐれてから、どれくらいひとりぼっちでいたのでしょうか。
ガリガリに痩せこけていました。


主任が「とにかく病院へ!」と指揮をとり、日曜日も診てくれる動物病院へと向かうことになりました。
さすがに主任が売り場を空けるわけにはいかないので、男性社員さんが車を出して、午前中いっぱいかかって受診。


その間、主任は自分の家で引き取るつもりで、マンションの大家さんに連絡していました。
転勤を繰り返すため、住まいは賃貸であることが多いようです。
猫を飼ってよいか問い合わせてみたところ、NG!


ね?もう放っておけないでしょ?
仕事が手につかない主任も見てられないし。
わたしは、名乗り出ましたよ。
「うちも賃貸だけど、ペットOKだし、猫部屋あるから大丈夫だよ」


お昼過ぎ、モモちゃんがクリニックから帰って来ました。
もちろん、ちゃんとお仕事しながら待ってたんですよ。

・風邪
・鼻炎
・低体温
・脱水症状
・蚤

口のまわりの汚れは、蚤の糞(フン)だったようです!


処置としては、水分とフードを補給。
蚤を弱らせるスプレー。
詰まった鼻水の吸引。
インターフェロン注射。
皮下点滴。
鼻炎の飲み薬。
身体を温めるために、お湯の入ったペットボトルをもらっていました。
ちなみに診察代とお薬代の合計、10,300円!
これは、お店の皆さんが割り勘で負担して下さるそうです。


夕方。
一旦業務を中断して、近くのスーパーに新しいバスタオルと洗濯ネットを買いに行きました。
蚤を弱らせるスプレーの効果で、瀕死の蚤がヨロヨロしながらいっぱい出て来ていたのです。
モモちゃんをくるんでいたタオルは、黒い点々だらけになっていました。
ついでに子猫用のチュールも購入。


洗濯ネットに新しいタオルを敷いて、モモちゃんを入れました。
そのまま抱えて、日が暮れて寒くなってきた倉庫から移動。
テレビ売り場のバックルームへ。
チュールを与えてみると、すごい勢いで食べる。
売り場の社員さん達が、1人ずつモモちゃんの様子をのぞきに来ます。
皆、ホントは猫飼いたいんですって。


f:id:digimewco:20211021001141j:plain


わたしは普段電車で通勤しているのですが、この日は仲良しのマッチャンに車で迎えに来てもらいました。
マッチャンも、店舗は違えど同じ家電屋勤め。
日曜日は当然出勤していましたが、モモちゃんのためにちょっとだけ早上がりして来てくれたのです。


その晩は、洗濯ネットのままわたしの枕元に置いて就寝。
ええ、もちろんすべて垂れ流しです。
覚悟の上ですとも!


翌朝、ホームセンターでモモちゃんハウスを購入。
モモちゃん用の小さいトイレも準備。
このトイレは、ダイソーの大きめグラタン皿を60サイズのダンボールにセッティングしたものです。
何故グラタン皿かといいますと、重いから。
必ず「出せ!出せ!」と暴れるので、軽いとひっくり返してしまいます。
同じ理由で、お水を入れるお茶碗も重いものを。


おふろにも入りました。
洗面所ですけど。
まだゴシゴシ出来ないので、軽くゆすぐ程度。
それでも随分キレイになりました。
目のまわりにこびり付いた汚れが、かなり手強い。


f:id:digimewco:20211021000049j:plain
f:id:digimewco:20211021000108j:plain


先住猫2匹との顔合わせも、なかなか大変ですよ。
1日目は、とにかく「シャー!」「シャー!」
モモちゃんのにおいがついたわたしにまで、「シャー!」「シャー!」


しかし当のモモちゃんはまったく空気が読めないため、「遊んでー」「かまってー」と2匹を追いかけ回します。
イライラする太郎とミエル。
モモちゃんが登れない高い所に逃げてしまいます。


2日目。
太郎が少し、警戒を解く。
https://youtu.be/fIcHfD01jls


4日目。
ミエルも落ち着いてきました。
https://youtu.be/EkVbRvP8L0Q

※フォルダの容量節約のためYouTubeにアップロードしております。ユーチューバーではありませぬ。


消灯後とお留守番中は、モモちゃんはモモちゃんハウスの中。
もう少し大きくなって、成猫用のトイレが使えるようになったら、晴れて猫部屋に正式に入居です。


トイレは本能なのか、グラタン皿に砂(シリカゲル)を敷いてやると、当たり前のようにちゃんとおしっこ出来ました。
毎日フードをモリモリ食べて、便秘もありません。
このまま元気に育ちますように。


f:id:digimewco:20211021093830j:plain