喋りすぎる猫

【ミドル編】

読書の秋、満喫中。ブログ書いてる暇なんかないわー。

長らく忘れていた、本を読むという習慣を取り戻しつつあります。
読むようになると、欲しくなるもの。
今年新しく買い足した本、電子書籍も合わせると27冊!
5冊と、1セットです。


今読んでいるのは、佐野洋子さんの「役に立たない日々」
今から20年ほど前に書かれたエッセイで、佐野洋子さんは当時60代半ばから後半。
「りっつんブログ」で紹介されていて、つい「楽天ブックス」のバナーをクリックしてしまいました。
電子書籍で読むつもりでしたが、もったいない本舗(楽天市場店)で状態の良さそうなものを328円で購入。
送料込みですよ。
帯付きの、新品みたいな本が届きました。


わたしは、古本に手を出すのは、著者がもうとっくに亡くなっている時。
あるいは、廃刊になっていて、古本しか手に入らない時。と決めています。


以前、林真理子さんが連載エッセイの中で、「古本屋で買われても印税入らないから嬉しくない」みたいなことをおっしゃってて。ハッとしたのです。
そりゃそうよね。
好きな作家さんには、ちゃんと感謝を伝えたい。
それ以来、書店か、楽天koboのブックストアで買うようになりました。


それ以前の、昔むかし。
スマホなんかなかった時代。
半身浴するにもバスルームに文庫本を持ち込んでいましたので、傷んでも惜しくない1冊100円の古本を何十冊も集めたものです。
エッセイ本が好きで、林真理子さんをはじめ、田辺聖子さん、森瑤子さん、銀色夏生さん、村上龍さん、江國香織さん、などなど。
近所のブックオフで買い漁りました。


わたしはかつて、本さえあれば1人でもまったく平気な女でした。
お酒を飲みながら、何度も読み返した「今夜も思い出し笑い」のページをまためくる…
活字が、お酒のあてになるのです。
本好きにしか分からない、至福のひとときですね。


小説も読みますよ。
小説もやっぱり、林真理子さんの書かれるものが秀逸だと思う。
最近、楽天koboで「小説8050」を読みました。
休日の夕方から何となく読み始めて、6時間かぶりつき。
だって、面白くて。
キリのいいとこなんてないんだもの。
ご飯も食べずに読み切っちゃいました。


小説に関しては、なかなか新しい作家さんを開拓出来ないタイプで。
この10年では、森見登美彦さんくらいかなー。
「夜は短し歩けよ乙女」は、アニメも素晴らしかったですよね。
新○誠とかジブリじゃなくてホントによかった。
ジブリは好きなんですけど、森見登美彦さんの世界をジブリカラーに染められるのはイヤ。
アニメ化といえば、「ペンギン・ハイウェイ」は悪いけど観る気しない。
YouYouTubeでチラ見しましたけど、森見登美彦ファンが納得しているとは到底思えません。


それにしても、20冊以上も増えてしまったわたしの本棚。
いえ、本棚には収まっておりません。
クローゼット兼物置部屋に積んであります。
そのうちなんとかしなければ。


27冊のうち、22冊は幼い頃に持っていた「世界名作全集」を買い直したもの。
マゼンダカラーのカバーがシンプルで美しく、活版印刷と思しき硬質な活字がこれまた美しい。
こちらはもう廃刊になって久しく、古本でもなかなか見つかりません。
そこにつけこみ、巷ではどうやら高値で売りに出されている模様。
今回わたしに譲って下さった方は、良心的な価格設定でしたが、ヤフオクで1冊8,000円で取り引きされてるものもありました。恐ろしや。


通勤用のリュックに、ハードカバーの本を入れていると重い。
重いけど、佐野洋子さんの「役に立たない日々」が、今日のところはYouTubeの動画よりもわたしを惹き付けて離さないのだから仕方ない。
せっせと運んで、隙あらば開く。


読みながら「コレ、何だろう」とか、「○○さんって誰。どんなお顔されてるのかしら」とか、ありますよね。
20年前だと、分からないものは分からないまま、のことが多かった。
辞書を引くこともありましたが、よっぽどの時です。
今なら肌身離さず携帯しているスマホで、ササッと検索。
Wikipediaや関連記事、画像や動画で確認することが出来ます。
大体のことはその場で解決。
便利になりました。


本とスマホを交互に見ているわたし。
傍からは「どっちかにしなさいよ!」とイライラされているかもしれませんね。
本人は読書に没頭しておりますので。悪しからずご了承くださいませ。