喋りすぎる猫

【ミドル編】

【夢占い】初夢ガチャ成功!ぜんぜんコワくない幽霊が出る夢を見る。

f:id:digimewco:20220107165334j:plain

わたしは「霊感=統合失調症」の説に深く納得する者であり、オカルト系のコンテンツはすべて、100%創作として楽しんでいます。
でも、夢占いだけはちょっと信じちゃう。


何年か前、セミの抜け殻の夢を見たんです。
前後の展開はもう覚えてないですけど、天井から何かぶら下がってて、「何だろう?」と思ってよく見てみるとセミの抜け殻だった。
という夢。
目が覚めてからも、そのシーンが深く印象に残っていたので、ネットで調べてみました。



占断はサイトによって様々ですが、わたしがその時見たのには、「若さと自信の喪失」的なことが書いてありました。
思い当たる。
アラフィフのわたしには、とても思い当たる。
そう。
人生は儚い。


わたしは30年前も今も、変わらず強気な女でやってきましたが、40過ぎた頃からモテるより気を使われることが多くなりました。
上沼恵美子さんに自分を重ねてみる今日この頃。
えみちゃんみたいなBBAになりたいの。どうせなら。
エラソーにしてるので、職場では「ボス」「女帝」などと呼ばれることも。
ただの派遣なのにさ。
正直「いいポジション取れたな」とは思ってますけど。
恋愛適齢期のキラキラ女子には、しんでも敵いませんことよ。


まあ、そんなことがありまして。
夢占いのサイトを時々覗くようになったのです。
頻度は多くなく、月に1度あるかないか。
だって、夢の内容なんてすぐに忘れてしまうでしょ。
あわてて手繰り寄せてみても、フワフワと湯気のように逃げてしまって、それっきり。


今年の元旦の話です。
お昼近くまでぐっすり寝て起きたわたしは、初夢の内容をはっきりと覚えていました。
なんと、幽霊が出る夢!


どこか古い民家の大きな箪笥のある部屋に、わたしを含む5~6人の人間が寝泊まりしているという設定。
テキトーに布団を敷いて、雑魚寝です。
メンバーはよくわからないですが、職場のF君(エラい人)の噂話をしていたのが記憶にあります。
そのうち、天井まで届くほどの大きな箪笥の上方、小さな引き出し部分が、カタカタと動いていることに気づきます。
わたしが、「ほら、アレ。変じゃない?」と指差す。


半身を起こし、ザワつく雑魚寝メンバー。
「えー」
「なになに?」
「怪奇現象?」


そして、さっきまでそこにいなかったはずの、見知らぬ女の存在に気づいてしまうのです。
黒い髪をだらりと垂らし、青白い顔をした女。
いかにも幽霊なのですが、わたしは何故か知り合いの女の子と勘違いしてしまう。
「わー、Rちゃん!久しぶり!超久しぶり!元気なの!?」


戸惑う幽霊。
「…いや、あの…、よーく見てもらっていいかな…」
わたしは女の顔を覗き込む。
あ、ほんとだ。Rちゃんじゃないぞ。
よく見たらぜんぜん似てないし。
なんだ、幽霊かよ。


幽霊も何か事情があって出てきたのでしょうが、それは今回不明です。
「ごめんねー」
と謝って、雑魚寝メンバーとしばし雑談。
幽霊も混じる。
控えめに。


で、いつの間にか朝になり、民家の向かいにあるこれまた古い中華飯店(?)の店前を窓からのぞいているわたし。
昔風の大きな箱型のゴミ入れが置いてあって、そこから人間の脚と腕がはみ出してるのを見た。
もう大まかなところしか思い出せないけど、こんな感じの夢でした。


ポイントは、やはり幽霊。
コワくない、幽霊。
顔もはっきり見た。


ベッドで横になったまま、夢占いのサイトをいくつか開いてみましたよ。
結果、コワくない幽霊の夢は、吉夢!
幽霊の顔を見たり幽霊と話したのも、更に吉。とのことです。
まとめると、次の2つ。

・よい出会いがある。
・今抱えている問題が解決する。


素晴らしいじゃないですか!
今抱えている問題とは、ズバリ金銭問題ですが。
わたし、今年はバリバリ稼いじゃうのかしら。
それとも、アラフィフのわたしに「あしながおじさん」が現れる!?


夢占いの結果が前向きなものだと、心も晴れますね。
これまでも、こういう吉夢、運気が上昇するとされる夢をいくつか見たことがあります。
男の子を出産する夢や、大火事の夢。
だからって、空から幸運が降ってくるわけではないですけどね。
これから始めること、選択するものが、「当たり」であることを信じて前に進めます。


また、逆に凶夢を見ることもあります。
その時は、「悪いことが起きる」ではなく、「心の中の不安が夢に現れた」と思うようにしています。
そうすることによって、「占い」は「心理テスト」にすり変わるのです。
凶夢を見るほど弱っている自分自身に、気づいてあげられるチャンス。
さっさと救出しちゃいましょう。
自分のことは、自分で守る。
自分の未来は、自分で変える。
ありきたりな言葉ですが、実行出来る人が勝ちですよ。