乙女の雑談【ミドル編】

え、このわたしが、あと◯年で還暦!?

【メルカリShops】プレオープン中のショップを覗き見考察。メルカリのネットショップは使える?使えない?

「メルカリに、あなたのお店を作りませんか?」
という、びっくりなお知らせ通知が来ましたよ。
ネットニュースでもちょこっと見かけましたが、農家さんやクリエイターさんを対象に、ネットショップの開設を呼びかけているようですね。



このメルカリShops(以下、ショップ)は、8月現在まだプレオープンの状態です。
メルカリアプリからは、「ショップ」のタブからのみ商品を見ることが可能。
ランダムに並んでいますが、カテゴリー別に表示することも出来ます。
続々と新しいショップがオープンしている模様。


でもこれって、どういうことでしょう?
わたしが最初想像したのは、今までのメルカリの出品ページとは別に、同アカウントでショップページが持てるというもの。
フリマの商品とショップの商品を、それぞれ別々の出品ページに登録し、閲覧するユーザーは、自由に行き来出来るイメージ。

f:id:digimewco:20210818152426j:plain

これはわたしが、こうだったらいーなーと前々から夢想していたスタイルです。
メルカリにハンドメイドアクセサリーを出品していますので、通常のページとは別に、カテゴリを絞った出品ページが設定出来ると有難い。


しかし観察の結果、どうやらわたしが思っていたのとは違うようなのです。
ショップはショップで独立していました。
ショップから、そのユーザーのメルカリのページへは行けません。
ていうか、ショップ名・屋号で登録されていますので、どなたがオープンしたお店なのかは分からなくなっています。


ハンドメイド作家さんなどは、元々ショップ名(または作家名)で出品されていることが多いので、見つけられるかもですね。


STORES(ストアーズ)やBASE(ベース)のような形態ですが、まだものすごく雑!
とりあえず商品が置いてある、という感じです。
【種類を選ぶ】というボタンがありますが、選ぶだけ。
価格はいじれないので、何種類かあっても価格は一律の設定のようです。



この点はminne(ミンネ)が優秀。
ハンドメイドに特化したマーケットだけあって、オプションで細やかに対応しています。
オプションは複数設置出来て、購入者が価格設定の異なるパーツやカラーを選択すると、自動的に計算してくれる仕様です。


ピアスを+100円でイヤリングに変更したり、追加でパーツを増やしたりする時など、とっても便利。
メルカリで出品しているわたしは今のところ、パーツの変更などはコメントでやり取りして、手動で値段を変更しています。
フリマアプリですから、しょうがないですね。


わたしが気になったのは、メッセージ機能が見当たらないところ。
お問い合わせやコメントは、一体どこから?


調べてみると、メッセージ機能は本当にありませんでした。
問い合わせフォームを利用するようです。
ショップの「注文履歴」から商品を選択すると、「ショップに問い合わせる」というボタンが出てくるので、問い合わせ内容とメールアドレスを入力して送信。
返信は入力したアドレス宛にメールで届きますので、メルカリのアプリ上には表示されません。


でも「注文履歴」から操作ということは、注文しないと問い合わせ出来ないってこと?
ですか?
ここは改善されるといいですね。


また「在庫管理」が出来るそうですが、購入者側から在庫数は見えません。
複数個注文したくても、そんな項目はありません。
「購入する」ボタンをクリックしてみると、そのまま決済画面に進みます。
「ポイントを使用する」と「メルペイ残高を使用する」にチェックを入れられるようになっていましたよ。
で、支払い方法。
なんと「メルペイスマート払い」のみ。
えー!笑


配送先は、メルカリに登録している住所が表示されます。
編集は不可。
配送方法は、なぜか皆さん「未定」…
匿名配送がまだ使えないとは書いてありましたが、「未定」って。
まだ機能に制限があるとのことなので、きっとこれからどうにかなっていくんでしょうね。


メルカリに自分のショップ、作ってみたいですが。
わたしはまだちょっと様子見かなー。
出品されているショップの商品、検索結果に出て来ないようですし。
いくつか試してみたところ、商品名まんま入れてもヒットしなかったんですよ。
このままだと、ショップのタブからしか見つけてもらえないことになります。
これもそのうち、ちゃんと反映するようになるのでしょうか。

追記(9/7)
ショップのアイテムも検索結果に出るようになってました!


ショップ運営者として、運営者情報(氏名・住所・電話番号)を開示されちゃうのもなんかメンドクセ。ですよね。
まあ、そう言いながらも興味津々なので。
ちょくちょく覗いております。
また新しい情報があれば、書き足していきたいと思います。

ashitatenkininaare.com
ashitatenkininaare.com